柱 の 傷 は おととし の 歌詞

Posted on

柱 の 傷 は おととし の 歌詞. 柱のきずは おととしの 五月五日の背くらべ 粽《ちまき》たべたべ 兄さんが 計ってくれた 背のたけ きのうくらべりゃ 何のこと やっと羽織の 紐《ひも》のたけ 海野厚作詞,. 柱の傷は おととしの 五月五日の 背くらべ ちまきたべたべ 兄さんが 計ってくれた 背のたけ.

柱のきずは おととしの〜 〜端午の節句の ちまき〜 絵手紙 交流ひろば てがみ倶楽部 from tegami.club

柱の傷は おととしの 五月五日の 背くらべ ちまきたべたべ 兄さんが 計ってくれた 背のたけ. 柱の傷は おととしの 五月五日の 背くらべ ちまきたべたべ 兄さんが 計ってくれた 背のたけ 昨日くらべりゃ 何のこと やっと羽織の 紐のたけ 「背くらべ」(1番) 海野厚 大. 柱の傷はおととしの 頭をぶつけた背の丈 ちまき食べ食べにいさんが 医者に運ばれ今だに出てこない お腰に付けたきびダンゴ ひとつ私にくださいな あげましょう 食べましたネ 食べた後に.

柱の傷は おととしの 五月五日の 背くらべ ちまきたべたべ 兄さんが 計ってくれた 背のたけ.

柱の傷は おととしの 五月五日の 背くらべ ちまきたべたべ 兄さんが 計ってくれた 背のたけ 昨日くらべりゃ 何のこと やっと羽織の 紐のたけ 「背くらべ」(1番) 海野厚 大. 柱の傷はおととしの 頭をぶつけた背の丈 ちまき食べ食べにいさんが 医者に運ばれ今だに出てこない お腰に付けたきびダンゴ ひとつ私にくださいな あげましょう 食べましたネ 食べた後に. 柱のきずは おととしの 五月五日の背くらべ 粽《ちまき》たべたべ 兄さんが 計ってくれた 背のたけ きのうくらべりゃ 何のこと やっと羽織の 紐《ひも》のたけ 海野厚作詞,.

Leave a Reply

Your email address will not be published.